ゾンビものというより政治ドラマというべき「ウォーキング・デッド」

アメリカでは劇映画のクオリティがあまりにも高いため、ほとんどのテレビドラマは「一段ランクの低いもの」と見られてきました。しかしその事情も、ストリーミングサービスやケーブルチャンネルが続々と質の高いドラマを制作することで一変。

現在ではエロチックな描写や残酷なシーンなどが遠慮なく描けるというので、一流の映画監督や映画スターたちが自ら企画を持ち込み、劇映画に引けを取らない作品を作り始めています。

日本でも大人気となっている「ウォーキング・デッド」も、実はそんなドラマシリーズのひとつ。シーズン1でショーランナー(そのシリーズの内容やキャラクター、およびキャスティングを決定する責任者。日本ではプロデューサーに当たる)を務めたのは、フランク・ダラボンです。

「ダラボンなんて知らない」と思われるかもしれませんが、名作ベストテンによく選ばれる「ショーシャンクの空に」の監督さんだといえば、「ああ」とうなづく人も多いはず。「ショーシャンクの空に」もそうですが、「グリーンマイル」「ミスト」など、スティーブン・キングの小説の映画化が得意な人です。おそらくホラーのテレビシリーズを作ろうと考えたのも、キング作品に適した自分の資質を意識してのものでしょう。

映画界でも高い評価を得ている彼が自ら脚本を執筆し、製作の上ですべての指揮を取ったわけですから、シーズン1は非常に好評を博し、現在まで続く人気シリーズとなりました。しかし、ダラボンはシーズン2の途中で降板。現在は別のショーランナーが製作を担当しています。

皮肉な話ですが、シリーズが全世界的に大ヒットすることになったのはこのシーズン2以降のこと。日本でもおそらくシーズン1だけではこれほどの人気を獲得できなかったでしょう。

その理由ですが、シーズン1は、さすがドラマツルギーを心得たダラボンだけに完成度は高かったのですが、あくまでゾンビものの枠内に収まったホラー作品でした。

ところがそれ以後のシーズン(特にシーズン3以降)からは「ゾンビ対人間」が焦点ではなくなり、「人間対人間」というストーリーに変わってきます。この舵取りによってこのシリーズは特殊なジャンルものの枠を超え、一種の政治ドラマとしての様相を強めていったのです。

このことでホラーに抵抗のある人もファンに引き込み、幅広い層に人気を呼ぶことになりました。安倍首相がこのドラマのファンだという噂があるのも、その政治ドラマとしての面白さのせいでしょう。

次のシーズンでは主役であるリックが死んでしまうといわれており、プロットにも大きな変化が起きそうです。ファンとしてはストーリーがどう動くのか、期待して待ちたいと思います。/小太郎

サシャ・ウィリアムズ役(死亡)のソネクア・マーティン=グリーンがスタートレック:ディスカバリーで主演していますよ~。

スター・トレックFANのみなさま、いかがお過ごしでしょうか?私は元気です。でへへ・・・。 ってキモいわけですが、11話まででなんか...

ウォーキング・デッド
出演者:アンドリュー・リンカーン、ノーマン・リーダス、チャンドラー・リッグス、ダナイ・グリラ、スティーブン・ユァン、ローレン・コーハン、メリッサ・マクブライド、サラ・ウェイン・キャリーズ、レニー・ジェームズ、ジョン・バーンサル、エミリー・キニー、ローリー・ホールデン、チャド・L・コールマン、スコット・ウィルソン、ジェフリー・デマン、デヴィッド・モリッシー、アイアン・シングルトン、エマ・ベル、マディソン・リンツ

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ

関連記事

ストレンジャーシングスって面白くないよね。面白いって人はどこがいいのだ?

グッドガールズ!~NY女子のキャリア革命~ 打ち切り!続編がないなんて

スコーピオンはシーズン1がスピード感があって1番面白いと思う

SUITS タイトルの通り高級スーツ、ヨレヨレスーツにも注目してみて!

ファーゴ シーズン1を観ないで海外ドラマファンを語れない!

マーベル好きの私がハマった韓国ドラマ「星から来たあなた」