セックス・アンド・ザ・シティーが海外ドラマの中で一番好き

スポンサーリンク
おすすめ海外ドラマ

私はセックスアンドザシティーが大好きです。最初はタイトル名がとても恥ずかしくて、なかなかレンタルビデオで借りることはできずにいました。ある時友達からDVD を借りれることになり、これがきっかけですっかりはまってしまいました。

4人の大人の女性がニューヨークで生活する様子をありのままに描いた内容ですが、とてもリアル感があり共感できる部分や奇想天外の発展に恥ずかしくなったり大人の女性でも恋をして、大恋愛や大失恋を学生時代のようにするのかと希望を持ったものです。鑑賞中は終始ハラハラドキドキしながら観ていたのを覚えています。

特に印象的なのは、やっぱり4人がおしゃれな姿で並んで歩いているシーンです。とにかく派手な衣装に素敵な小物を持って4人それぞれが自分の好きなテイストでとても個性があり輝いています。

場所がニューヨークのお洒落なストリートだからでしょうか、彼女達の魅力が増して見えるのもポイントが高いです。私は4人の中で一番好きなのがキャリーです。高級な衣装にマノロのピンヒール、そしてヴィヴィアンのとても素敵な白い花嫁ドレスを着こなすスタイルは同じ女性としてあこがれます。

下着姿のシーンが何度もありますが、上品でありリラックスできるインナーの組み合わせはかっこよく、真似をした方も多いと思います、私もその一人です。そして彼女の家も魅力的です。階段つきのマンションで玄関扉も大きく重厚感があり、この場面を何度も観ていますが観る度にきっと素敵な生活をしているんだろうなと思わせます。

この部屋の窓側からのシーンも大好きです、窓際にあるデスクのパソコンに向かって仕事をする彼女はニューヨークの超高級住宅エリアで成功をしたキャリアウーマンという感じが見られてとても輝いている場面です。

次に好きなのがサマンサです。彼女は私のまわりにいるような女性とは全く違うタイプなので最初は驚きました。驚くというより引いてしまいました。しかし徐々に彼女のようなタイプも本当はもっとたくさんいるのかもしれないと思いました。日本では全く受け入れがたい性格、そして驚くような生活をしています。

しかしそこはニューヨークだからなのか、なぜかかっこよく見えてしまいます。通常は隠してしまう人とは違う性格の一部分や自分の個性をあえて強みに生かす彼女の生き方はとても素晴らしいです。時には恥ずかしいシーンもたくさんありますが、精一杯生きている姿に感動してしまいました。

そして彼女達を扱う男性達も大人の魅力があり惚れ惚れしてしまいます。キャリーの恋人であるビックですが、運転手つきの車に乗り込む姿やゆっくり丁寧に会話を楽しみながら食事をするシーンにも紳士的な振る舞いをみせてくれます。こんな大人な男性は現実にいるのでしょうか、毎回うっとりして観てしまいます。

恋愛に関する映画やドラマで大人も大人らしく本気で恋をする、自分を生かしながら生きているという内容がオススメです。/みぃー。

セックス・アンド・ザ・シティー
1998年~2004年にケーブルテレビ局HBOで放送されたドラマシリーズ。ニューヨーク マンハッタンの30代独身女性4人の生活をおしゃれに描く。
出演者:サラ・ジェシカ・パーカー、クリスティン・デイヴィス、シンシア・ニクソン、キム・キャトラル、クリス・ノース、カイル・マクラクラン

にほんブログ村 テレビブログ 海外ドラマへ
にほんブログ村 テレビブログ 華流・アジアドラマ(韓国以外)へ
タイトルとURLをコピーしました